水俣演奏 〜わかたけ保育園ともやい音楽祭授賞式〜

2017.02.05 Sunday 22:54
0

    1月末は水俣にもやい音楽祭授賞式とわかたけ保育園へと演奏にいってきました。

     

     わかたけ保育園は2年ぶりの演奏で、園舎すべてがほぼ熊本県産の木と漆喰・自然塗料で建てなおされて、

    木の香りのすがすがしいホールでこどもたちもとても落ち着いて聴いてくれました。

     

    100年のひのきや150年の杉の材たちも聴いてくれているような空間でした。

    水俣地元の林業の方が、

    「わしのひいおじいちゃんが植えた木じゃ」

    という言葉がとても印象に残りました。

    わかたけ保育園のみなさん、本当にありがとうございました。

     

     

     

    そして2日目はもやい音楽祭授賞式でした。

    「ツバメの郵便飛行」の作曲の部で入選し、演奏させていただきました。

     

    すでに60才になられた小児性水俣病患者の方のお気持ちや、声にならない声がゆっくりと醸成され詩となり、

    ステージに上がられた作詞者の前で曲にのせて歌われました。

    自分の前で曲になった自分の積年の思いを初めて聴いて、涙される方が沢山いらっしゃいました。

     

    これこそ歌の原点、ほんとうの魂の歌を聴かせていただいているようでした。

     

    主催者のみなさんは9ヶ月をかけてまず詩を選出し、それから応募されてくる曲を丁寧に選ぶそうです。

    もやい音楽祭をここまで10年続けてこられたのも水俣病患者のみなさんの声にならない声、

    日々感じてきた思いをすこしでも世に出し、知ってもらうためだと思います。

     

    とても素晴らしい音楽祭でした。

     

    水俣の海は何も語らずただ穏やかに、たゆたう波にうたれていました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    音の和 春の山口ツアー

    2016.03.22 Tuesday 06:55
    0
      3/18〜20の3日間、山口県へ演奏ツアーに行ってきました。

      今回も長崎のビオラ奏者トビウオリアキちゃんのご縁で出会うことのできた
      村川博司さんに企画していただきました。
      博司さんは山口の山の奥にある黒五郎村に9年前から住みはじめて、
      竹炭を焼きながら環境活動や音楽活動をされています。
      博司さんの家に行くと冷蔵庫も置いていなくて、お風呂も薪で沸かしてもらって入らせていただきました。

      博司さんが作った大量の竹炭が入ったそのお風呂の気持ちよかったこと、
      演奏や移動のつかれも一気に軽くなるようでした。
      博司さんの家の前の道はそのまま竹山へと続いていて、訪れる人以外は1日誰も通りません。
      山の元(はじめ)から湧き出る清水の美味しさ,その水で炊かれるご飯の美味しさはまた格別でした。


      18日は山口市にある季節の野菜懐石なないろのんたさんにて、

      19日は宇部市内で前回もさせていただいたこぐま保育園さんの主催で朝昼の2回、

      20日は博司さんの主催で万倉交流センターにて『田舎はええな〜 トーク&ライブ』

      の計4回演奏しました。


      博司さんが「山口で一番美味しいかも」という、季節の野菜懐石 なないろのんた さんの丁寧で優しい、
      そしていて体の芯からじわじわと温まってくるお料理をいただいてから演奏をすることが出来てとても幸せでした。
      『のんた』は山口の言葉で、「そうでしょう」や「ですよね」のニュアンスの言葉だそうです。


      前回もさせていただいたこぐま保育園さん主催の19日の朝はこども達と楽しく、
      お昼に先生方の手煎り焙煎のおいしい珈琲やカレーをいただいてから、
      午後は大人向けに静けさの中で演奏させていただくことが出来ました。

      こぐま保育園さんは前回の時に園舎に2泊泊まらせていただきました。
      園舎にはキャラクターのおもちゃや一般的な遊具がほとんど無くて簡素な園舎だけど、
      こども達は退屈することなく外遊びや山歩き、泥遊びなどでのびのび楽しそうに遊び続けていたのがとっても印象的でした。


      そして最終日は宇部市万倉交流センターにて『田舎はええな〜 トーク&ライブ』でした。
      博さんと奥さんのなおさんを中心にスタッフの方々や沢山の方が関わってくださって
      最終的に60〜70名くらいの方が参加してくださいました。

      あまり慣れていない人前でのトークだったけど、博司さん、司会をしてくださった白木さんと話しているうちに、

      田舎でこそ感じることが出来る

      『お金に変えられない自然からの限りない恵み』

      これこそが今一番大切なことなんじゃないかなとあらためて思うことが出来ました。


      この感覚を感じることが出来ると人は、山や海や自然という母の子宮から心と体の両方の栄養をいただきながら、
      安心して人生を営むことが出来ます。

      幕末の西洋人の紀行文でもっとも印象的に語られている昔の日本人が持っていた限りない慎みややさしさは
      このいつも満たされた感覚から来ていたんだなあ、
      と思いました。

      博司さんをはじめ、2人の子育て中のいそがしい中泊まらせてくれてお世話して下さった奥さんのなおさん、
      にじいろるんたさん、こぐま保育園の皆さま、『田舎はええな〜』のスタッフのみなさま、そして来て下さったみなさん、
      ほんとうにありがとうございましたき











       
      category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

      親と子のふれあいコンサート at基山町民会館

      2015.02.22 Sunday 21:37
      0

        今日2/22(日)は基山町民会館にて『親と子のふれあいコンサート』でした。



        佐賀県基山町の元気な子どもたちとお父さんお母さん、
        そしてたくさんのお客様といっしょに音の時間を楽しむことができてとても幸せでした。
        西鉄BMさま、西日本企画サービスのスタッフのみなさま、ほんとうにお世話になりました。


        そして3月半ばの一紗の出産までの演奏も残りわずかとなってきました。

        春に妊娠がわかってからも2人の子とともに、
        北海道、名古屋、山口、九州各所、関西へと、そして昨年秋にはタイへと妊娠演奏ツアーを続けに続けて、

        来月無事に生まれてくれそうです。

        赤ちゃんの名前は、今この時代の荒波を漕いでいってほしいという思いをこめて、

         『櫂』

        の字をつけてあげたいと考えています。

        3月から5月までの間、しばらく2人での演奏はお休みしますが、
        また6月から、おとのわMUSIC 川原一紗◎藤川潤司をよろしくお願いいたします!
        6月6日糸島での「星の灯2015」という素敵なイベントからの再開です。



        好評の『こもりうた』の続編ALBUM、『こもりうた2』を今春に発売予定です♪
        収録される「あめふりくまのこ」「ペチカ」などの全10曲、とってもいい出来に仕上がってきました!
        残りの編集もがんばるぞ!

         
        category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

        2015 あけましておめでとうございます

        2015.01.11 Sunday 16:28
        0
          2015 あけましておめでとうございます 

          今年もおとのわMUSIC川原一紗◎藤川潤司をどうぞよろしくおねがいします。

          2015年の新年は1月4日に、三重県名張市にある蕎麦けいたさんでの演奏から始まりました。


          心配していた雪も上がってくれて、無事に当日を迎えることができました。



          毎年雪景色の中で演奏させてもらえる機会が多く、新鮮な気持ちで2015年最初の演奏に望むことができました。


          薪ストーブの前でペチカをリハーサル

          蕎麦けいたさんは、名張の自然の中のすばらしいおそば屋さんでした。
          ご家族みなさんの人柄もまたすばらしくて、
          演奏の後にはご主人のけいたさんが心をこめて打った蕎麦をみんなで頂くことができました。

          本当に幸せな1年の幕開けでした。

          世の中の動きにはどうなって行くのか不安に思ってしまうことも多々あるけど、

          それぞれができることを、
          心を込めて、
          今いっしょにいる人としていくことは
          まがうことの無いまことの道なんだということを再確認させていただけた時間でした。

          今年もみなさんとまたどこかでお会いできることを楽しみにしています。



           
          category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

          vientoさんとの共演

          2014.12.02 Tuesday 13:42
          0

            2014.8.29 天明ホールにてvientoさんとの共演した時の様子です。

            花を咲かさなかった命にも月の光はやさしく降り注いでいるという内容の曲です。

            作曲された美紀さんは熊本県荒尾市にある炭鉱跡万田抗にて曲想を得たと言われていました。

            『月からの手紙』フルバージョンはこちらの川原一紗◎藤川潤司facebookページから試聴できます。

            category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

            2014タイ バンコクツアー プラティープ財団財団での演奏

            2014.12.02 Tuesday 09:55
            0
              2014年10月タイ バンコクにあるプラティープ財団での演奏の様子です。
              きらきら星ではこどもたちが楽器を楽しそうにな鳴らしてくれています。

              1.海                  0:00
              2.あわのうた             5:00
              3.こどもたちといっしょにきらきら星  8:55
              4.やのかずきさんのパントマイム   12:05
              5.パントマイムとの即興共演     18:20
              6.蓮のつぼみ            21:15
              7.ドラえもん            25:00
              8.大きな栗の木の下で        26:05



               
              category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

              9月の水俣ツアー

              2014.09.17 Wednesday 08:21
              0

                9月13,14,15日は若竹保育園、水俣病歴史考証館相思社、水俣八幡宮と
                水俣に演奏ツアーに行ってきました。

                13日のわかたけ保育園は、副園長さん夫妻やみなさんで
                愛林館にぼくたちの演奏を聴きに来てださったことがきっかけで実現しました。
                水俣の元気な子どもたちとふれあえることが出来ました。
                新婚旅行で11ヶ月も、2人でお金の尽きるまで世界放浪した若い副園長さんが
                これからどんな保育園を作り上げていかれるか今後とても楽しみです!

                14日は水俣病歴史考証館相思社で『じゃなかしゃば祭り』での演奏でした。
                水俣の深い歴史をじっくりお聞きすることができました。
                なかなか一言では言えませんが、
                それぞれの立場がある中で、
                一途な思いがそれぞれあるが故に、
                水俣病患者の方を応援する立場の中でも分裂していってしまった。。

                しかし今、その子どもたちの世代が軽やかにもう一度、水俣を一つに繋げて行く。
                そんな希望の始まりのようなお祭りで演奏することが出来てとても光栄でした。
                水俣が世界に向けて光を放つ。
                そんな水俣の若者たちの熱い姿を見せていただきました。

                地元のフォレストモンキーバンドが演奏する当時歌われていた、
                『じゃなかしゃば欲しかよ(こんなんじゃない世界が欲しい)』
                を聴いて、確かに患者になられたみなさんの魂の声が聴こえてくるような気がしました。

                15日は水俣八幡宮さまで演奏でした。
                最後の日に水俣という土地の産土の神様の地にて、
                ご挨拶の気持ちで演奏させていただきました。

                水俣出身の松本さんのコントラバスが、この日も
                深く美しい音色を奏でておられました。
                ご一緒できて嬉しかったです。

                荒尾から水俣に引っ越しされた水俣八幡宮の緒方さんに、
                引っ越しする数日前に偶然お会いしたことから
                今回の演奏につながり、なにか不思議なご縁を感じました。
                本当にありがとうございました。

                 
                子どもたちといっしょに水俣の、母のゆりかごのような海を見ていると、

                「宝の海じゃ、海からのもんは全部大事にいただく」
                といって土左衛門さえも自分たちのお墓に大切に納めたという、
                昔の漁師さんの言葉がなにか納得できるような気がしました。

                また水俣に来る日まで

                 

                9/6 めぐみ保育園(天草)のおたのしみ会で演奏でした

                2014.09.06 Saturday 18:06
                0
                  今日は天草の本渡にあるめぐみ保育園のおたのしみ会にて演奏でした。
                  オーシャンドラムとレインスティックでの共演を手伝ってくれた ぎんじくんとはるとくんをはじめ
                  素直にのびのびと育っている園児のみんなと一緒にとても楽しい時間でした。

                  天草は海が身近にあるせいか、はじめは照れてなかなか音を鳴らせなかったけど、
                  鳴らし始めると海の音がとっても上手でした!!
                  子どもたちの心の中にも海があることを感じました。

                  めぐみ保育園はモッテッソーリ教育も取り入れられているそうで
                  まだまだお話をお聴きしたかったです。



                  子どもたちがぼくたちのために作ってくれたプレゼントも
                  丁寧に自分たちで作ってくれていて、
                  とてもうれしかったです!
                  またみなさんとお会いできる日を楽しみにしています♪


                  天草に自生するハイビスカスをすこしいただきました
                   

                  おとのわ 春の愛知・岐阜ツアー

                  2014.06.02 Monday 16:37
                  0

                    5月のゴールデンウィークは愛知・岐阜方面へと春のおとのわツアーでした。

                    まずは5月5日のこどもの日に名古屋の白鳥庭園で演奏させていただきました。
                    またここに来させていただけて幸せでした。
                    恵みの雨が美しい庭園の緑をそめていました。

                    近くの熱田神宮でお参りも出来てよかった。
                    ご神木も素晴らしかったです。


                    写真: 5月5日は名古屋の白鳥庭園で演奏させていただきました。
またここに来させていただけて幸せでした。
 恵みの雨が美しい庭園の緑をそめていました。

 近くの熱田神宮でお参りも出来てよかった。
ご神木素晴らしかったです。




                    5月10日は愛知県岡崎市の蓮華の家共同保育園にて
                    「おとのわ親子コンサート」をさせていただきました。




                    三年ぶりの蓮華の家はやっぱりとても心落ち着く場所で、
                    うたたまも喜びいさんで遊びまわっていました。





                    手作りの自然玩具がとってもいいです!

                    この日一番の感動は、星めぐりのうたを...
                    子ども達がいっしょに歌ってくれたことでした。
                    保育所で『こもりうた』をいつもかけて星めぐりのうたを歌ってくれていたそうです。

                    その声は星の瞬きのように本当にきれいで、
                    子ども達の美しい心にふれさせてもらったような想いでした。
                    今も思い出しては幸せな気持ちになります。



                    ご準備くださった蓮華の家のみなさま、
                    いらしてくださったみなさま、
                    本当にありがとうございました!

                     
                     
                    5月11日は念願叶って、岐阜県飛騨高山の千光寺様にて
                    奉納コンサートをさせていただきました。
                    リハーサルのときから、護摩を焚いておられる香りと
                    朝靄が混ざり合って、ありがたく幻想的な光景でした。
                    ご住職の大下大圓さんも素晴らしい方で、
                    お会いできてとても嬉しかったです。...
                    ありがとうございました!
                    前日の蓮華の家コンサートを主催してくれた大好きな小野ファミリーが
                    はるばる愛知から来てくれたことも、
                    本当に幸せでありがたかったです。
                    ひろみちゃんケンケンさん、ありがとう!

                    写真は標高1000メートルの本堂から見えるまだ雪をかぶる御嶽山と桜。
                    3月末に桜の花が咲ききった九州から来ると、時間がすこし巻き戻されたようで新鮮で美しい景色でした。


                    写真: 5月11日は念願叶って、岐阜県飛騨高山の千光寺さんで
奉納コンサートをさせていただきました。
リハーサルのときから、護摩を焚いておられる香りと
朝靄が混ざり合って、ありがたく幻想的な光景でした。
ご住職の大下大圓さんも素晴らしい方で、
お会いできてとても嬉しかったです。
ありがとうございました!
大好きな小野ファミリーが
 はるばる愛知から来てくれたことも、
 本当に幸せでありがたかったです。
ひろみちゃんケンケンさん、ありがとう!

写真は本堂から見える雪山と桜。
                     
                    参道にある五本杉です。

                    千光寺に足繁く通った円空さまもここに訪れたかと思うと、
                    400年という時間の悠久と一瞬のはざまで、しばし時の流れからはずれたような感覚に浸っていました。
                    category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

                    詩人フジイモン 糸島市政立候補応援会 どんぐり政治の種まき祭り

                    2014.01.31 Friday 16:31
                    0
                      2014年は大阪狭山にあるそば屋藍さんの演奏から始まりました。


                      ぼくの兄藤川穣輔もクラシックギターで参加してくれて、和気あいあいとした中にも
                      新年の抱負と、気持ちも新たに気合いのこもった良い演奏ができたように思います。



                      冬枯れの家の前です。

                      そして日々は過ぎていき、

                      2月25日は伊都文化会館にて糸島市市議会選挙に立候補した『君の色 僕の色』
                      の詩人フジイモン(藤井よしのり)のどんぐり政治応援会にて応援演奏してきましたよ。


                      300人近くの人が集まり、新しい市民参加の萌芽を強く感じました。
                      昨年参院選を湧かせた三宅洋平さんからもメッセージも届き、
                      自分からぐいぐい引っ張っていくわけではなく、柔らかくみんなの意見を集約しながら
                      進んでゆく21世紀型のリーダーに成長してゆくフジイモン!



                      フジイモンが提唱している、積極的に楽しく、他人事ではなく自分事として、
                      市政に参加してゆく市民議会のデモンストレーションです。


                      その間子どもたちはといえば、米ぬかねんどでクッキー作り。
                      持ち帰ってオーブンで焼けば美味しく食べられます。
                      今回参加してみて、ここまで子どもたちとお母さんが楽しみながら
                      参加しているまつりのような選挙ははじめてでした。
                      まさに21世紀のまつりごとの新しい形だと思います!
                      フジイモンは
                      『21世紀はまつりの世紀』
                      と詩の中で想像しています。
                      祭りは政(まつりごと)、そしてそれは真・釣(ま・つり=正しいバランス)を取り戻すための行為。


                      最後に『君の色 僕の色』をいっしょに演奏しました。
                      この詩を全国各地で読んでくれた大切な友達のことを想いながら演奏しました。
                      北海道、愛知、大阪、そして北九州、糸島、熊本。
                      2月5日の投票日までもうすこし、応援しています、熱い糸島のみんな! がんばれフジイモン!!

                      『君が終わりやというんやったら ぼくは始まりの音を鳴らそう』

                         藤井よしのり −君の色  僕の色− 
                       
                      category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

                      Calender
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      Selected entry
                      Category
                      Archives
                      Recent comment
                      Recent trackback
                      Link
                      Profile
                      Search
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM