水俣演奏 〜わかたけ保育園ともやい音楽祭授賞式〜

2017.02.05 Sunday 22:54
0

    1月末は水俣にもやい音楽祭授賞式とわかたけ保育園へと演奏にいってきました。

     

     わかたけ保育園は2年ぶりの演奏で、園舎すべてがほぼ熊本県産の木と漆喰・自然塗料で建てなおされて、

    木の香りのすがすがしいホールでこどもたちもとても落ち着いて聴いてくれました。

     

    100年のひのきや150年の杉の材たちも聴いてくれているような空間でした。

    水俣地元の林業の方が、

    「わしのひいおじいちゃんが植えた木じゃ」

    という言葉がとても印象に残りました。

    わかたけ保育園のみなさん、本当にありがとうございました。

     

     

     

    そして2日目はもやい音楽祭授賞式でした。

    「ツバメの郵便飛行」の作曲の部で入選し、演奏させていただきました。

     

    すでに60才になられた小児性水俣病患者の方のお気持ちや、声にならない声がゆっくりと醸成され詩となり、

    ステージに上がられた作詞者の前で曲にのせて歌われました。

    自分の前で曲になった自分の積年の思いを初めて聴いて、涙される方が沢山いらっしゃいました。

     

    これこそ歌の原点、ほんとうの魂の歌を聴かせていただいているようでした。

     

    主催者のみなさんは9ヶ月をかけてまず詩を選出し、それから応募されてくる曲を丁寧に選ぶそうです。

    もやい音楽祭をここまで10年続けてこられたのも水俣病患者のみなさんの声にならない声、

    日々感じてきた思いをすこしでも世に出し、知ってもらうためだと思います。

     

    とても素晴らしい音楽祭でした。

     

    水俣の海は何も語らずただ穏やかに、たゆたう波にうたれていました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2017 明けましておめでとうございます○

    2017.01.15 Sunday 11:50
    0

      2017年明けましておめでとうございます。

       

       



      玉名石貫地区のどんどや(どんど焼き)です
      みんなでお餅を焼いています

       

       

       

       

       

       

       

      遅ればせながらの新年のご挨拶です。。
      旧年中は熊本地震もありましたが、全国各地のたくさんの方々のおかげさまで、無事様々な演奏とご縁をいただくことが出来ました。3人の子育てと演奏で走り続けることができました。

       

       

      山口県の小学生の女の子が描いてくれたかわいい音の和です 感謝◎

       





      昨年演奏させていただいた大分県の花の木美術館佐藤俊造さんの作品(スケッチ)です
      なんて美しい木の姿でしょうか。
      亡くなられるまで描き続けられたアトリエに入ると芸術の純粋性に涙がこぼれました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      今年も皆様にとって、そしてすべての生きとし生けるものにとっても幸多い年でありますように

      音の和MUSICをどうぞよろしくお願いいたします。

       

       


       

       

       

       

       

       

       

       

      category:日々のできごと | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

      新緑の音の和ツアー at愛知

      2016.05.10 Tuesday 10:55
      0
        ゴールデンウイークの3日間は愛知県での演奏でした。



        熊本での地震があり、すぐに愛知や全国の友人たちが心配の連絡をしてくれました。

        3.11での被災経験からどうしたらいいか詳しく連絡くれた東北の友人や北海道や東京、沖縄からも。

        幸いにもここ玉名ではあまり被害もなく無事に過ごさせてもらっています。

        連絡をもらって演奏でご縁のできたみなさんの顔や思い出が浮かんできて、
        ここまで演奏を続けさせてもらえて本当によかったと心から思えました。

        熊本県内でのぼくたちの演奏もほとんどがキャンセルまたは延期となり、
        ぽっかりと空いた時間の中、益城町へ炊き出しやお寺での炊き出し下準備、
        ボランティア演奏などを日々行っていました。


        避難所で演奏が始まると子どもたちの笑顔も見れました(益城保健センター前にて)

        5月5日(祝)子どもの日は熱田区にある白鳥庭園にて演奏でした。
        ぼくたちが熊本から来るので、熱田区の老舗蒲鉾屋のご主人が3日間募金をみなさまに募って
        58,408円も集めてくださっていました。






        7代続く蒲鉾屋のご主人が白くまもん?に扮して集めてくださいました。
        白鳥庭園の皆様本当にありがとうございました。


        そして5月6日は豊田勘八にある滝見山清通寺にて満月市マルシェとコンサートでした。


        こちらでも熊本地震への募金を集めてくださっていました。




        ゴールデンウイーク中日の平日だったのでアットホームでなごやかな雰囲気での演奏でした。
        副住職の三宅まなぶんぶんさんの赤ちゃん蓮夏(はすな)ちゃんや奥様の里恵さんとお会い出来て幸せなひと時でした。
        豊田は街のイメージがありますが、清通寺さんまで来ると山が近くて自然と一体になって演奏できました。


        そして岡崎の蓮華の家さんでも


        コーヒーも出展してくれていたあんちゃんこと楽しい杉浦さんの提案で
        歌詞カードをもってみんなで『想い』を歌いました。初めてのことだったので感動の瞬間でした。


        けんけんさん裕美ちゃんさっちゃんおとのわねっと、そして蓮華の家のみなさま、
        本当にありがとうございました!

        離れていても親身に想ってくれているみんなの温かさがたくさんたくさんこっちに、
        そして被災地の方へ、がんばってるNPOの方にも伝わってきました。

        皆様が集めてくださった震災支援金は一紗の実家の蓮華院誕生寺NPOれんげ国際ボランティアに
        届けさせていただきました。心から感謝です◎
        category:- | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

        音の和 春の山口ツアー

        2016.03.22 Tuesday 06:55
        0
          3/18〜20の3日間、山口県へ演奏ツアーに行ってきました。

          今回も長崎のビオラ奏者トビウオリアキちゃんのご縁で出会うことのできた
          村川博司さんに企画していただきました。
          博司さんは山口の山の奥にある黒五郎村に9年前から住みはじめて、
          竹炭を焼きながら環境活動や音楽活動をされています。
          博司さんの家に行くと冷蔵庫も置いていなくて、お風呂も薪で沸かしてもらって入らせていただきました。

          博司さんが作った大量の竹炭が入ったそのお風呂の気持ちよかったこと、
          演奏や移動のつかれも一気に軽くなるようでした。
          博司さんの家の前の道はそのまま竹山へと続いていて、訪れる人以外は1日誰も通りません。
          山の元(はじめ)から湧き出る清水の美味しさ,その水で炊かれるご飯の美味しさはまた格別でした。


          18日は山口市にある季節の野菜懐石なないろのんたさんにて、

          19日は宇部市内で前回もさせていただいたこぐま保育園さんの主催で朝昼の2回、

          20日は博司さんの主催で万倉交流センターにて『田舎はええな〜 トーク&ライブ』

          の計4回演奏しました。


          博司さんが「山口で一番美味しいかも」という、季節の野菜懐石 なないろのんた さんの丁寧で優しい、
          そしていて体の芯からじわじわと温まってくるお料理をいただいてから演奏をすることが出来てとても幸せでした。
          『のんた』は山口の言葉で、「そうでしょう」や「ですよね」のニュアンスの言葉だそうです。


          前回もさせていただいたこぐま保育園さん主催の19日の朝はこども達と楽しく、
          お昼に先生方の手煎り焙煎のおいしい珈琲やカレーをいただいてから、
          午後は大人向けに静けさの中で演奏させていただくことが出来ました。

          こぐま保育園さんは前回の時に園舎に2泊泊まらせていただきました。
          園舎にはキャラクターのおもちゃや一般的な遊具がほとんど無くて簡素な園舎だけど、
          こども達は退屈することなく外遊びや山歩き、泥遊びなどでのびのび楽しそうに遊び続けていたのがとっても印象的でした。


          そして最終日は宇部市万倉交流センターにて『田舎はええな〜 トーク&ライブ』でした。
          博さんと奥さんのなおさんを中心にスタッフの方々や沢山の方が関わってくださって
          最終的に60〜70名くらいの方が参加してくださいました。

          あまり慣れていない人前でのトークだったけど、博司さん、司会をしてくださった白木さんと話しているうちに、

          田舎でこそ感じることが出来る

          『お金に変えられない自然からの限りない恵み』

          これこそが今一番大切なことなんじゃないかなとあらためて思うことが出来ました。


          この感覚を感じることが出来ると人は、山や海や自然という母の子宮から心と体の両方の栄養をいただきながら、
          安心して人生を営むことが出来ます。

          幕末の西洋人の紀行文でもっとも印象的に語られている昔の日本人が持っていた限りない慎みややさしさは
          このいつも満たされた感覚から来ていたんだなあ、
          と思いました。

          博司さんをはじめ、2人の子育て中のいそがしい中泊まらせてくれてお世話して下さった奥さんのなおさん、
          にじいろるんたさん、こぐま保育園の皆さま、『田舎はええな〜』のスタッフのみなさま、そして来て下さったみなさん、
          ほんとうにありがとうございましたき











           
          category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

          日々のことなど〜家庭的保育ぴちゅの桜の会 

          2016.03.17 Thursday 22:07
          0

            みなさまこんにちは○

            0歳3歳6歳の約3名を追い回していると日々はあっという間に過ぎてゆき季節は春に向かおうとしています。

            1月には長崎大村に住むビオラ奏者トビウオリアキちゃんのところ(自然堂)へ演奏に行かせてもらったり、


            (長洲ー島原間のフェリーより)

            おひな様を飾ったりして、

            (何の会なのかよくわかりません。。)



            2月28日には毎年続けさせていただいている熊本県大津町にある家庭的保育ぴちゅの卒園式にて
            BGMと演奏をさせていただたりしていました。

            家庭的保育ぴちゅの卒園式 桜の会は毎年とても楽しみに参加させていただいています。

            卒園していく小さなこども達に対する美和先生をはじめとしたみなさんの
            実の親のような慈しみを間近で見ていると、こちらまで目頭を熱くしながら毎年演奏させていただいています。

            そして美和先生からこんなに素敵なプレゼントをいただきました。



            細々とだけど続けているうちに2人で演奏をはじめて今年で10年だったみたいです。
            声をかけてくれる各地のみなさまのおかげでここまで続けて来ることができました。
            き感謝ですき

            リアキちゃん、ケイタさん、美和さん、そして家庭的保育ぴちゅの先生方、そしてみなさん、本当にありがとうございました!!
             
            category:日々のくらし | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

            12/13(日)午後3時30分〜TBS系『又吉直樹 神の島を行く』にてBGMで使用されます

            2015.12.07 Monday 21:48
            0

              来週日曜日12月13日午後3時30分〜TBS系にて全国放送される『又吉直樹 神の島を行く 〜宗像大社と出光佐三〜』http://rkb.jp/munakata/ にて川原一紗の歌声がオープニングと挿入曲にて使われることになりました。
              熊本のミュージシャンvientoさんとのご縁で出演の機会をいただくことができました。
              こちらから番組予告VTRが見ることができます http://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=289663&a=23
              ぜひご覧ください♪

              category:TV出演 | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

              藍の海 〜天草四郎物語〜

              2015.11.21 Saturday 00:09
              0
                2016年の春に向けて新しい曲が生まれました。

                天草・島原の乱の首謀者とされている天草四郎と島原の乱をテーマにした曲の依頼を受け、
                上天草にあるサンタマリア館の浜崎館長にお話を伺いに行きました。



                天草四郎は当時15歳とまだ若く、一揆をまとめる象徴的な存在だったのではないかというお話でした。

                色々と島原の乱の経緯を丁寧に話していただいて、1つテーマとなる言葉をいただきました。

                『御大切(おたいせつ)』

                という言葉です。
                戦国時代の当時、「愛」という言葉はまだありませんでした。

                キリスト教的な「愛」という言葉は明治になってから、仏教教典の「愛欲」という言葉から作られた言葉だったと思います。

                戦国時代の当時、キリスト教的な「愛」を「御大切(おたいせつ)」と訳していっていたそうです。

                魂にとって「大切なもの」というキーワードと、上天草の海のイメージの「藍」という色、そして石牟礼道子さんの島原の乱の小説『アニマの鳥』を読み、曲が生まれました。

                 
                藍の海〜天草四郎物語〜
                 
                渚に腰をかけて アコウの木に問えば
                その光る赤い実が教えてくれた 海の記憶
                 
                風そよぐ ゆたかな島
                安らかに暮らす海人(あまびと)に
                へきれきの苦しみが訪れた
                 
                原(はる)の城に集まりし
                土より生まれいずる者たち
                み空へ願いをかけ はらはらと舞いゆく

                その哀しみは 涙の谷を生み
                雨を呼び 河を流す
                大切な人をなぐさめ
                許しの光を運ぶ
                海を照らせ
                藍の海を
                 
                哀しみ晴れて 今見えるのは
                この美しい 有明の海
                空にかえった あの魂も
                今 穏やかに見守っている
                藍の愛の海
                 
                涙の谷を流れた河も
                降りしきる雨の雫も
                大切な 大切な 何かを手にして
                海へとかえる
                藍の愛の海へ



                来年の春3月に天草にて発表する予定です。
                category:新しい曲 | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

                おとのわミュージック 看板つけました

                2015.10.15 Thursday 15:14
                0
                  いつの間にか季節は秋ですね。
                  玉名石貫の自宅兼事務所もすこしづつ整理されてきました。
                  おとのわミュージックの看板をとりつけました。



                  看板は有明海の海岸で見つけた流木に一紗が手描きでかきました。



                  今年のお米も無事に収穫できて、感謝しながら玄関にかかげました。
                  石貫の永さんに教えていただきながらのお米作りも今年ではや5年目になりました。



                  無農薬畔小豆も今年も例年にも増してたくさんの生命のつぶつぶ。ありがとう◎

                  となりではさっきまでリズミカルな小豆の脱穀を見ていた櫂くんがいつの間にか寝ていました。




                  おとのわ秋の一日でした。

                   
                  category:日々のくらし | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

                  Calender
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << October 2018 >>
                  Selected entry
                  Category
                  Archives
                  Recent comment
                  Recent trackback
                  Link
                  Profile
                  Search
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM