音の和 春の山口ツアー

2016.03.22 Tuesday 06:55
0
    3/18〜20の3日間、山口県へ演奏ツアーに行ってきました。

    今回も長崎のビオラ奏者トビウオリアキちゃんのご縁で出会うことのできた
    村川博司さんに企画していただきました。
    博司さんは山口の山の奥にある黒五郎村に9年前から住みはじめて、
    竹炭を焼きながら環境活動や音楽活動をされています。
    博司さんの家に行くと冷蔵庫も置いていなくて、お風呂も薪で沸かしてもらって入らせていただきました。

    博司さんが作った大量の竹炭が入ったそのお風呂の気持ちよかったこと、
    演奏や移動のつかれも一気に軽くなるようでした。
    博司さんの家の前の道はそのまま竹山へと続いていて、訪れる人以外は1日誰も通りません。
    山の元(はじめ)から湧き出る清水の美味しさ,その水で炊かれるご飯の美味しさはまた格別でした。


    18日は山口市にある季節の野菜懐石なないろのんたさんにて、

    19日は宇部市内で前回もさせていただいたこぐま保育園さんの主催で朝昼の2回、

    20日は博司さんの主催で万倉交流センターにて『田舎はええな〜 トーク&ライブ』

    の計4回演奏しました。


    博司さんが「山口で一番美味しいかも」という、季節の野菜懐石 なないろのんた さんの丁寧で優しい、
    そしていて体の芯からじわじわと温まってくるお料理をいただいてから演奏をすることが出来てとても幸せでした。
    『のんた』は山口の言葉で、「そうでしょう」や「ですよね」のニュアンスの言葉だそうです。


    前回もさせていただいたこぐま保育園さん主催の19日の朝はこども達と楽しく、
    お昼に先生方の手煎り焙煎のおいしい珈琲やカレーをいただいてから、
    午後は大人向けに静けさの中で演奏させていただくことが出来ました。

    こぐま保育園さんは前回の時に園舎に2泊泊まらせていただきました。
    園舎にはキャラクターのおもちゃや一般的な遊具がほとんど無くて簡素な園舎だけど、
    こども達は退屈することなく外遊びや山歩き、泥遊びなどでのびのび楽しそうに遊び続けていたのがとっても印象的でした。


    そして最終日は宇部市万倉交流センターにて『田舎はええな〜 トーク&ライブ』でした。
    博さんと奥さんのなおさんを中心にスタッフの方々や沢山の方が関わってくださって
    最終的に60〜70名くらいの方が参加してくださいました。

    あまり慣れていない人前でのトークだったけど、博司さん、司会をしてくださった白木さんと話しているうちに、

    田舎でこそ感じることが出来る

    『お金に変えられない自然からの限りない恵み』

    これこそが今一番大切なことなんじゃないかなとあらためて思うことが出来ました。


    この感覚を感じることが出来ると人は、山や海や自然という母の子宮から心と体の両方の栄養をいただきながら、
    安心して人生を営むことが出来ます。

    幕末の西洋人の紀行文でもっとも印象的に語られている昔の日本人が持っていた限りない慎みややさしさは
    このいつも満たされた感覚から来ていたんだなあ、
    と思いました。

    博司さんをはじめ、2人の子育て中のいそがしい中泊まらせてくれてお世話して下さった奥さんのなおさん、
    にじいろるんたさん、こぐま保育園の皆さま、『田舎はええな〜』のスタッフのみなさま、そして来て下さったみなさん、
    ほんとうにありがとうございましたき











     
    category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

    日々のことなど〜家庭的保育ぴちゅの桜の会 

    2016.03.17 Thursday 22:07
    0

      みなさまこんにちは○

      0歳3歳6歳の約3名を追い回していると日々はあっという間に過ぎてゆき季節は春に向かおうとしています。

      1月には長崎大村に住むビオラ奏者トビウオリアキちゃんのところ(自然堂)へ演奏に行かせてもらったり、


      (長洲ー島原間のフェリーより)

      おひな様を飾ったりして、

      (何の会なのかよくわかりません。。)



      2月28日には毎年続けさせていただいている熊本県大津町にある家庭的保育ぴちゅの卒園式にて
      BGMと演奏をさせていただたりしていました。

      家庭的保育ぴちゅの卒園式 桜の会は毎年とても楽しみに参加させていただいています。

      卒園していく小さなこども達に対する美和先生をはじめとしたみなさんの
      実の親のような慈しみを間近で見ていると、こちらまで目頭を熱くしながら毎年演奏させていただいています。

      そして美和先生からこんなに素敵なプレゼントをいただきました。



      細々とだけど続けているうちに2人で演奏をはじめて今年で10年だったみたいです。
      声をかけてくれる各地のみなさまのおかげでここまで続けて来ることができました。
      き感謝ですき

      リアキちゃん、ケイタさん、美和さん、そして家庭的保育ぴちゅの先生方、そしてみなさん、本当にありがとうございました!!
       
      category:日々のくらし | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

      12/13(日)午後3時30分〜TBS系『又吉直樹 神の島を行く』にてBGMで使用されます

      2015.12.07 Monday 21:48
      0

        来週日曜日12月13日午後3時30分〜TBS系にて全国放送される『又吉直樹 神の島を行く 〜宗像大社と出光佐三〜』http://rkb.jp/munakata/ にて川原一紗の歌声がオープニングと挿入曲にて使われることになりました。
        熊本のミュージシャンvientoさんとのご縁で出演の機会をいただくことができました。
        こちらから番組予告VTRが見ることができます http://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=289663&a=23
        ぜひご覧ください♪

        category:TV出演 | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

        藍の海 〜天草四郎物語〜

        2015.11.21 Saturday 00:09
        0
          2016年の春に向けて新しい曲が生まれました。

          天草・島原の乱の首謀者とされている天草四郎と島原の乱をテーマにした曲の依頼を受け、
          上天草にあるサンタマリア館の浜崎館長にお話を伺いに行きました。



          天草四郎は当時15歳とまだ若く、一揆をまとめる象徴的な存在だったのではないかというお話でした。

          色々と島原の乱の経緯を丁寧に話していただいて、1つテーマとなる言葉をいただきました。

          『御大切(おたいせつ)』

          という言葉です。
          戦国時代の当時、「愛」という言葉はまだありませんでした。

          キリスト教的な「愛」という言葉は明治になってから、仏教教典の「愛欲」という言葉から作られた言葉だったと思います。

          戦国時代の当時、キリスト教的な「愛」を「御大切(おたいせつ)」と訳していっていたそうです。

          魂にとって「大切なもの」というキーワードと、上天草の海のイメージの「藍」という色、そして石牟礼道子さんの島原の乱の小説『アニマの鳥』を読み、曲が生まれました。

           
          藍の海〜天草四郎物語〜
           
          渚に腰をかけて アコウの木に問えば
          その光る赤い実が教えてくれた 海の記憶
           
          風そよぐ ゆたかな島
          安らかに暮らす海人(あまびと)に
          へきれきの苦しみが訪れた
           
          原(はる)の城に集まりし
          土より生まれいずる者たち
          み空へ願いをかけ はらはらと舞いゆく

          その哀しみは 涙の谷を生み
          雨を呼び 河を流す
          大切な人をなぐさめ
          許しの光を運ぶ
          海を照らせ
          藍の海を
           
          哀しみ晴れて 今見えるのは
          この美しい 有明の海
          空にかえった あの魂も
          今 穏やかに見守っている
          藍の愛の海
           
          涙の谷を流れた河も
          降りしきる雨の雫も
          大切な 大切な 何かを手にして
          海へとかえる
          藍の愛の海へ



          来年の春3月に天草にて発表する予定です。
          category:新しい曲 | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

          おとのわミュージック 看板つけました

          2015.10.15 Thursday 15:14
          0
            いつの間にか季節は秋ですね。
            玉名石貫の自宅兼事務所もすこしづつ整理されてきました。
            おとのわミュージックの看板をとりつけました。



            看板は有明海の海岸で見つけた流木に一紗が手描きでかきました。



            今年のお米も無事に収穫できて、感謝しながら玄関にかかげました。
            石貫の永さんに教えていただきながらのお米作りも今年ではや5年目になりました。



            無農薬畔小豆も今年も例年にも増してたくさんの生命のつぶつぶ。ありがとう◎

            となりではさっきまでリズミカルな小豆の脱穀を見ていた櫂くんがいつの間にか寝ていました。




            おとのわ秋の一日でした。

             
            category:日々のくらし | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

            臼杵石仏蓮まつりに行ってきました

            2015.08.05 Wednesday 16:52
            0

              無事に出産も3月末に終わり、おかげさまで3人目の櫂成も日々すくすくと育ってくれています。


              出産後すぐに、ぼくたちが暮らしている玉名市の石貫という自然豊かな地区の古民家を紹介していただき、
              引っ越すことになりました。



              グランドピアノも一緒に引っ越したので、いつかはホームコンサートを企画したいと考えています。





              今年も大分県にある臼杵石仏さまの蓮まつりにて早朝に演奏させていただきました。
              台風のため7/26が8/2に延期になり、26日会場に来てくださった方にはご迷惑をおかけしてしまいましたが、
              長い梅雨が明けた2日は快晴で蓮の花も満開でした。


              3人の子どもたちといっしょの行動となり、おとのわMUSICはしばらくの間slowに進んで行きますが、、
              またどうぞよろしくお願いいたします。





               
              category:日々のくらし | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

              親と子のふれあいコンサート at基山町民会館

              2015.02.22 Sunday 21:37
              0

                今日2/22(日)は基山町民会館にて『親と子のふれあいコンサート』でした。



                佐賀県基山町の元気な子どもたちとお父さんお母さん、
                そしてたくさんのお客様といっしょに音の時間を楽しむことができてとても幸せでした。
                西鉄BMさま、西日本企画サービスのスタッフのみなさま、ほんとうにお世話になりました。


                そして3月半ばの一紗の出産までの演奏も残りわずかとなってきました。

                春に妊娠がわかってからも2人の子とともに、
                北海道、名古屋、山口、九州各所、関西へと、そして昨年秋にはタイへと妊娠演奏ツアーを続けに続けて、

                来月無事に生まれてくれそうです。

                赤ちゃんの名前は、今この時代の荒波を漕いでいってほしいという思いをこめて、

                 『櫂』

                の字をつけてあげたいと考えています。

                3月から5月までの間、しばらく2人での演奏はお休みしますが、
                また6月から、おとのわMUSIC 川原一紗◎藤川潤司をよろしくお願いいたします!
                6月6日糸島での「星の灯2015」という素敵なイベントからの再開です。



                好評の『こもりうた』の続編ALBUM、『こもりうた2』を今春に発売予定です♪
                収録される「あめふりくまのこ」「ペチカ」などの全10曲、とってもいい出来に仕上がってきました!
                残りの編集もがんばるぞ!

                 
                category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

                2015 あけましておめでとうございます

                2015.01.11 Sunday 16:28
                0
                  2015 あけましておめでとうございます 

                  今年もおとのわMUSIC川原一紗◎藤川潤司をどうぞよろしくおねがいします。

                  2015年の新年は1月4日に、三重県名張市にある蕎麦けいたさんでの演奏から始まりました。


                  心配していた雪も上がってくれて、無事に当日を迎えることができました。



                  毎年雪景色の中で演奏させてもらえる機会が多く、新鮮な気持ちで2015年最初の演奏に望むことができました。


                  薪ストーブの前でペチカをリハーサル

                  蕎麦けいたさんは、名張の自然の中のすばらしいおそば屋さんでした。
                  ご家族みなさんの人柄もまたすばらしくて、
                  演奏の後にはご主人のけいたさんが心をこめて打った蕎麦をみんなで頂くことができました。

                  本当に幸せな1年の幕開けでした。

                  世の中の動きにはどうなって行くのか不安に思ってしまうことも多々あるけど、

                  それぞれができることを、
                  心を込めて、
                  今いっしょにいる人としていくことは
                  まがうことの無いまことの道なんだということを再確認させていただけた時間でした。

                  今年もみなさんとまたどこかでお会いできることを楽しみにしています。



                   
                  category:ライブレポート | by:川原一紗◎藤川潤司 | - | - | -

                  Calender
                     1234
                  567891011
                  12131415161718
                  19202122232425
                  2627282930  
                  << November 2017 >>
                  Selected entry
                  Category
                  Archives
                  Recent comment
                  Recent trackback
                  Link
                  Profile
                  Search
                  Others
                  Mobile
                  qrcode
                  Powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM